福岡県、といえばランキングを考察

太宰府天満宮といえばん

福岡県といえば、このテーマを持ちかけられて黒田官兵衛と答える人もいるでしょう。大河ドラマ化もして一躍話題となりましたが、本当にそうなのでしょうか? 実はもっと他のイメージが強いのではないか、ここでは福岡県といえばという質問に準じて、よく上がるものを色々な角度から視て、考察していくサイトです。

受験生の聖地

5位、可もなく不可もなく、かといって10位以内で上位5位の中で最下位といっても成績的に見れば十分すぎるくらいにいい立ち位置にいる、福岡県といえばの象徴に挙げられるのは太宰府天満宮だ。受験生にとって一度は訪れておきたいとも言える聖地で、学問の神様と謳われている菅原道真が祀られているところだ。やはりここも定番といえば定番だ、そして太宰府天満宮のおかげで地名そのものもプライオリティが上がり、福岡県内では周辺地域は景観も良く住み心地がいいと高い評判さえある。神社のおかげとは一口に行かないものの、人気の高さは折り紙つきだ。

行ったことがある人、ない人、色々いるでしょう。誰もが受験生を経験しているんだから行くべきだ、と言われても関東圏には湯島天神といった無理に福岡県まで足を伸ばさなくても、手短な所に学問の神様が祀られている神社があるので、そこへ行けばいい。物凄い身も蓋も言ってしまいましたが、そう言いたくなる理由があるからだ。

太宰府天満宮へと向かうとなったら、やはり縁起を担いで元日を含めた三が日に行けばいいだろうと考えている人もいるでしょう。正直、この時期ほど太宰府天満宮を訪れたくないと思っている人は少なくないはずだ、何せ混み具合は都内でいうところの明治神宮並に雑踏としているからだ。

毎年200万人近くが集結

太宰府天満宮には毎年総計700万人もの人が参拝のために訪れるという。1年間でこれだけの人間は集えば、それだけご利益を期待できそうだ。しかしだ、そんな訪れる総合で訪れる人間の1/3が三が日にかけて集うとなったらどうか。

混雑具合で言えば日本で一番初詣の時に混雑する明治神宮よりも少ないとはいえ、それでも年間の来場者数、その3割近い人がこの3日間で集中して訪れるというのは迫力がありすぎる。筆者は毎年友人と明治神宮へ初詣をしているが、その人数と比べれば確かに屁ではないかもしれません。だからといって混みあう中を楽しく、身なりを整えて参拝できるかと言われたらそんなことはない。毎年考えているが、よくこんな中を神様に祈れるなぁとつくづく思ってしまうところでもある。

神社の中では

太宰府天満宮そのものの知名度は高い、では初詣ランキングでも人気が高いかと言われたら実際は中々厳しい。訪れる人数こそかなりのものだが、太宰府天満宮の場合は学問、つまり受験生を対象としている点が難点となります。訪れる人を限定している、それに見合う来場者は確保できていますが、老若男女が訪れる場所かどうかとなったらまた話は違ってきます。人間というものは、学習をしたがらない生き物ですから、勉強から遠ざかりたいと考えている人は多いはず。

では初詣をする神社の中で何処が一番人気なのかというと、

1位:伏見稲荷大社 - 約270万人

2位:明治神宮 - 約310万人

3位:平安神宮 - 約40万人

このようになっています。

王道といえば王道でしょうか、個人的にはいつか初詣に京都の伏見稲荷、あるいは平安神宮という由緒溢れるところで過ごしてみたいものですが、どちらも物凄い混雑なのは言うまでもないでしょう。平安神宮は思ったよりも人の出が少ないのは地理的な問題が関係しているのかもしれません。日本で一番有名な神社だということも関係ありますが、一度訪れた人はまず伏見稲荷大社の虜になるのは言うまでもありません。

そう考えると太宰府天満宮は人気スポットではあるものの、訪れる人達を限定している分だけある意味別の意味で活気が凄そうだ。

ある意味欲望渦巻く空間

太宰府天満宮は時期を問わずして、訪れる人達の多くが学生か、もしくは何かしらの勉学に励んでいる人に違いないのは間違いありません。社会人になっても仕事をして、時に勉強をしなければいけない時があります。グローバルな事業拡大という名目で海外との事業提携を行う過程で、英会話などの勉強が欠かせなくなったという人もきっといるはずだ。やっと義務教育、高校を抜けだして大学を卒業して、机のノートと教科書から遠ざかる環境から脱皮できたと思ったのに、などと嘆く人もいるでしょう。

それについては諦めてくださいというしかない、やらないと自分の首がクビとなって飛んでしまうかもしれません。郷に入っては郷に従えとはよく言ったものですが、そうした門出を乗り越える意味でも太宰府天満宮へと訪れて景気祝いをするべきではないでしょうか。参拝効果はともかくとして、福岡県といえばの印象の中ではようやくネガティブな部分がない、初めて良いイメージを持てるものではないでしょうか。ただその分だけ現地では合格を神頼みにしている学生がいるので、ある意味カオスな空間が広がっているかもしれませんが。