福岡県のイベントカレンダー
抽選でプレゼントが当たる!エコトンフォローキャンペーン実施中 応募してプレゼントゲットドン!
2014年8月
 123
45678910
111213141516官兵衛関連17官兵衛関連
18官兵衛関連19官兵衛関連20官兵衛関連21官兵衛関連22官兵衛関連23官兵衛関連24官兵衛関連
25官兵衛関連26官兵衛関連27官兵衛関連28官兵衛関連29官兵衛関連30官兵衛関連31官兵衛関連
☆その他イベント☆
・福岡城「福岡城軍師 官兵衛ドラマ展」 ・特別展「秀吉・黒田官兵衛見参-馬ヶ岳城の世界」 ・「最後の中世武士団 宇都宮氏の歴史展」 ・2014年NHK大河ドラマ特別展「軍師 官兵衛」 ・企画展「黒田二十四騎展」 ・太宰府天満宮 宝物殿「黒田家ゆかりの品々」

黒田官兵衛ゆかりの地、福岡県。

戦国一の知将とも名高い黒田官兵衛。
晩年を福岡県で過ごし、福岡藩の藩祖と呼べるほどの多くのゆかりが福岡県には残っています。

黒田官兵衛とは

黒田官兵衛と福岡県の間にはとっても密接な関係があるトン!

小倉城

豊臣秀吉の九州平定の軍監、黒田官兵衛(如水)

黒田官兵衛は豊臣秀吉の九州平定の軍監として、天正14年(1586年)、兵4,000を率いて海を渡り、毛利・吉川・小早川軍とともに豊前小倉城(現・北九州市小倉北区)を攻め込みました。これが官兵衛にとって福岡での出発点でした。

豊前小倉城攻略後、豊前松山城(現・京都郡苅田町)では、豊前の諸将が降伏し、天正14年12月ごろには主な豊前の城を攻略しました。
島津義久の降伏により秀吉の九州平定が一段落した天正15年6月、秀吉は荒廃した博多(現・福岡市)の町に立ち寄り、博多の復興を思い立ちます。世に有名な「太閤町割」という復興プランの策定を秀吉が命じた相手が、官兵衛でした。官兵衛は部下の久野四兵衛に指示し、その年の年末には復興プランが出来上がったといわれています。

秀吉は九州平定の論功行賞を筑前博多の筥崎(現・福岡市東区)に滞在した折に行います。このとき官兵衛に「豊前国(福岡県の北東エリアと大分県の北部)の3分の2」が与えられることになりました。7月に豊前小倉城に移った秀吉は、詳細を決定し、官兵衛に対して豊前6郡を与える知行宛行状を出します。

松山城跡

黒田官兵衛(如水)・長政と宇都宮一族 との攻防のドラマ

官兵衛は直に馬ヶ岳城(現・行橋市)に入城し、秀吉の命により新しい所領の検地を行います。秀吉の九州仕置(九州内の領地配分)により、豊前城井城(現・築上郡築上町)の城主・宇都宮鎮房は、秀吉の九州平定に協力したにも関らず400年近く治めていた父祖伝来の地から伊予への転封を命じられます。この措置に不満を持つ宇都宮鎮房は、父祖伝来の地・城井谷を官兵衛から奪還し、官兵衛・長政と宇都宮一族との攻防のドラマが繰り広げられます。

天正16年(1588年)、宇都宮鎮房は降伏し、領内の一揆は沈静化します。同年、中津城完成とともに官兵衛・長政は中津城に移りますが、翌年、長政はそこで宇都宮鎮房を謀殺し、城井谷の宇都宮一族も長政が派遣した軍勢により攻め滅ぼされます。

その後、官兵衛は長政に家督を譲り、「如水軒」と名乗りますが、秀吉の軍師としての役割は続きました。秀吉の天下統一総仕上げとなる小田原攻めや朝鮮出兵でも軍師として派遣され、小田原城の開城や朝鮮出兵の基地となる名護屋城の縄張りで活躍します。

馬ヶ岳城跡

城井ノ上城址

福岡城跡

香春岳

秀吉亡き後の「関ヶ原合戦」における功績

慶長5年(1600年)、秀吉亡き後の主導権をめぐって徳川家康と石田光成の間で天下分け目の関ヶ原合戦が開かれます。この戦乱が長引くと考えた如水は、天下取りの最後の賭けに出ます。

子・長政は手勢を率いて家康側の東軍に参加したため、中津城で留守を守る如水のもとにはほとんど兵はいませんでした。そこで、如水は今まで蓄財した金員を叩いて浪人9,000人を集め、九州内で西軍側についた大名を次々に攻略し、自己の所領拡大を図ります。九州の関ヶ原といわれるこれらの戦いでは、大友義統軍を破った石垣原の戦い(大分県別府市)が有名ですが、福岡県内でも毛利定房が守る香春岳城(現・田川郡香春町)、毛利吉成の小倉城(現・北九州市小倉北区)、毛利秀包の久留米城(現・久留米市)、立花宗茂の柳河城(現・柳川市)など次々に西軍側大名の城を開城させます。とりわけ東軍側の武将・加藤清正との水田会談(会談場所は現在の筑後市にある坂東寺といわれている)を通じて、立花宗茂を説得し、籠城戦を回避させたのは如水の知恵、加藤清正と立花宗茂との朝鮮出兵時の厚い絆が背景にあり、一つのドラマといえるでしょう。

ところが、如水の予想に反し、関ヶ原の決戦は子・長政の西軍側への攻略が功を奏し、1日で終わります。如水譲りの軍師としての才覚が長政にも備わっていたことが、皮肉にも如水の命運を左右することになりました。

如水は、関ヶ原の決戦により態勢が決まった後は天下取りの野望をあっさり捨て、関ヶ原の論功行賞として長政が得た筑前52万石の地に移ります。
如水・長政はいったん小早川隆景が築城した名島城(現・福岡市東区)に入りますが、九州第一の商業都市・博多を取り込んだ城下町の形成を通じて、筑前国の発展を考えました。
まず、新しい城の地を福崎(現・福岡市中央区)に決め、黒田家発展の地・備前福岡村にちなんで福岡と改称します。ここに現在の「福岡」という地名の由来があります。

福岡城の居館が完成するまで太宰府天満宮内(現・太宰府市)に庵を設け、築城のための良材を求めて三郡山(現・飯塚市)に行き、たびたび西光寺(現・飯塚市馬敷)に宿泊したといわれています。

求菩提資料館(桜狩の歌)

芭蕉塚

福岡における文化人としての黒田 官兵衛(如水)

さて、武人、軍師としての官兵衛(如水)の歴史は、このように知略に満ちたものでしたが、文化人としての官兵衛(如水)の姿も福岡には残っています。中津藩主時代には、たびたび求菩提山(現・豊前市、築上郡築上町)で桜狩(いわゆる桜の花見)を行ったといわれています。桜狩を日本で広めたのは豊臣秀吉といわれていますが、秀吉の側近であった官兵衛は、一説には九州で初の桜狩を行ったともいわれており、その場所が求菩提山でした。今でも桜狩をした場所には芭蕉塚(現・築上郡築上町)という石碑が残っており、求菩提山の桜狩のときに従者と詠んだ句は、現在求菩提資料館(現・豊前市)に残っています。

また、朝鮮出兵に際して、如水・長政は朝鮮の八山(高取八蔵重貞)という良工を見出し、日本に連れて帰りました。関ヶ原の後に筑前国へ転封された際には鷹取城(現・直方市)のふもと宅間(現・直方市大字永満寺)にこの陶工の窯を開かせました。これが高取焼の起源で、その後、窯は内ヶ磯(現・直方市大字頓野)、山田(現・嘉麻市)、白旗山(現・飯塚市)、小石原(現・朝倉郡東峰村)へと移り、現在の小石原焼にも影響を与えているといわれています。

秀吉の影響で茶をたしなむようになった如水の軌跡も福岡には残っています。福岡城内の館ができるまで仮住まいしていた太宰府天満宮の境内には、茶の湯で使っていた井戸「如水の井戸」がその名残といえるでしょう。

福岡城内三の丸に「御鷹屋敷」が完成すると、妻幸円とともに静かに余生を送りました。
そして、慶長9年(1604年)、如水は京都の伏見にある藩邸で息を引き取ります。長政は、黒田家の菩提寺・崇福寺(現・福岡市博多区)に如水の墓所を築き、現在では歴代藩主とともに祀られています。

福岡市博物館

黒田官兵衛(如水)の没後と福岡

如水の死後、長政はその意を受け、諸領内の長崎街道の整備を行い、筑前六宿という宿場町の形成を促すとともに、戦乱時に城下町・福岡が荒らされないように対策をとりました。また、黒田家の精鋭家臣「黒田二十四騎」の栗山備後利安、後藤又兵衛基次、母里太兵衛友信、井上周防之房などを隣国との国境を守る六つの端城(麻氐良城、益富城、鷹取城、黒崎城、若松城、松尾城を指し、筑前六端城といわれる)に派遣し、筑前国の安泰を図りました。

官兵衛、黒田家にまつわる資料は現在、福岡市博物館に所蔵されています。ぜひこの機会に一つでも多くの「官兵衛ゆかりの地・福岡」をご覧ください。
「福岡を創った男 黒田官兵衛」の姿がきっと見えてくることでしょう。